タリスマンとは?

ウィキペディアのほとんどの記事は日本語版があるが、「TaliSol」の由来となる「タリスマン」は、ウィキペディアには項目がなくて、「お守り」の項目に同意の外来語として含まれている。 やはり、英和辞書で調べても、一番近い日本語の単語は「お守り」と「護符」となった。日本語辞典で意味を確認したら、その定義は以下のようとなる: お守り:身につけていると危難を逃れることができると信じられているもの。特に、社寺の守り札。護符。 護符:神仏の名や形像、種子 (しゅじ) 、真言などを記した札。身につけたり壁にはったりして神仏の加護や除災を願う。お守り。ごふう。呪符 (じゅふ) 。 ということは、人間を守るものという意味である。日本人は、神社やお寺でもらえる守り札が思い浮かべるかもしおない。 ただ、実際にはお守りやお札は、安全や除災のためにだけではなく、招福や加護にも使うことがある。 世界中のお守りは様々な形である。 例えば、日本にも見られている「卍」(まんじ)は、昔からあらゆる遺物に招福のために彫られている。 特に、「طلسم」(tilism・ティリスム)であるアラビア語から英語に「タリスマン」として借りられた単語は、特別な魔力を与える意味を指しているようだ。 実際、もとの言葉は、「達成」や「儀式」という意味を表しているギリシア語の「τελεσμα 」(telesma・テレスマ)である。 語源は目的という意味を表す「τελος」(telos・テロス)となる。とういうことは、タリスマンとは、特別な目的を達成するために魔力を与えるものだろう。 そのため、「アミュレット」と違い、タリスマンはウサギの足や四葉のクローバーの様な単なる物ではなく、はっきりとした目的を対象にし、そのために作って関連している文章や信号が書かれている像となる。 何で「人間が最高のタリスマンである」か? その引用の意味には、自分も長年悩まされている。一応把握している限りで説明してみるが、理解が深まり次第、この記事を更新したり追加したりしようと思っている。 おそらく、その引用がほのめかしているタリスマンの種類は、イスラム系のタリスマンだろう。他の宗教と同じ、聖典の引用が書いてあるタリスマンが多いかもしれないが、イスラム教の特徴の一つは、 「神様の名前たち」という概念だ。この場合は、「名前」とは、人名ではなく、「資質 」を意味している。例えば、「寛大」や「勝者 」がある。 イスラム系のタリスマンは、達成したい目的により、相応しいコーランの節や神の名前が書いてる文章が多いらしい。物ではなく、そのまま複雑な幾何学模様の中に、紙に書かれていることが多い。 元の引用は、他の引用に照らして分かりやすいかもしれない: 「Upon the inmost reality of…

Read More